予防歯科

予防歯科の重要性

*

予防歯科とは、歯が痛くなってから治療に行くのではなく、痛くなる前に虫歯や歯周病に予防なために歯科医院に行くことを言います。
歯の2大疾患で、歯を失う主な原因と言われるのが、むし歯と歯周病です。
一度削ってしまった歯や、抜いてしまった歯は元に戻すことは出来ません。
治療を行うことで、歯の機能は取り戻すことができても、歯の寿命は縮まってしまいます。
健康なお口の状態を保つには、自宅で行うセルフケアだけではなく、定期的に歯科医院で行う予防歯科も重要になってきます。

清水歯科医院が力を入れている予防歯科

むし歯や歯周病になったら行く歯医者ではなく、定期的に予防歯科に通っていただくことで、良い状態を保つような治療や処置に力を入れています。
歯医者というと、痛くなったら行くという方も多いと思いますが、むし歯や歯周病になったら治療するのではなく、悪くなる前に予防する歯科治療を目指しています。
お子様から大人までが、むし歯や歯周病を早期発見、早期治療できるように予防歯科を定期的に行っていきましょう。

予防歯科のメリット

むし歯や歯周病を早期発見でき、防ぐことができる

*

定期的に歯の状態をみることで、むし歯や歯周病を防ぐことができます。また、むし歯や歯周病早期に発見、治療することで重症化防ぐことができます。

歯をきれいな状態で維持できる

予防歯科では、PMTCという、歯科衛生士による歯のクリーニングを行います。歯に付着した細菌の塊や、汚れを落とすことができます。また、歯に着いた着色汚れを落とすことで、見た目もきれいな状態を維持できます。

治療費や歯の痛みを軽減できる

むし歯や歯周病を放っておくと痛みが出てきます。症状がひどくなってから治療をすると、治療時に痛みがでることもあります。また、ひどくなると、治療回数がかってしまい、費用の負担も多くなってしまいます。

全身の病気の予防もできる

むし歯や歯周病は、口の中だけでなく全身の健康にも影響を与えることが分かってきています。特に、歯周病の菌は、脳梗塞や心筋梗塞のリスクを高めるといわれています。また、歯周病と糖尿病は相互に悪影響を及ぼします。お口の中の環境を、整えることで全身の病気の予防にもつながります。

予防歯科の内容

*

診査

むし歯の有無や、歯肉のチェックなどお口の中の状態を確認します。

スケーリング

歯石を除去することを言います。超音波スケーラーという器具を使用して、超音波の振動で歯石や細菌の塊を除去していきます。場合によっては、手用の器具も使用します。

PMTC

国家資格を持った歯科衛生士が、専用の器具や薬剤を用いて行う、プロフェッショナルケアのことです。機械を使うことで、普段の歯ブラシでは落としきれない汚れを落としていきます。歯の表面やと歯の間の汚れをきれいにしていきます。

フッ素塗布

フッ素を歯に塗布することで、歯質の強化や、むし歯の菌が出す酸から歯を守ることができます。また、フッ素には一度溶けてしまった歯を再石灰化する作用もあるといわれています。

ブラッシングチェック

歯磨きによる、磨き残しのチェックを行います。患者様のお口の中に合った清掃道具や、ブラッシング方法もアドバイスを行います。

セルフケアと予防歯科の両方が大切です

*

歯科医院で予防歯科を受けることで、むし歯や歯周病のリスクを減らすことができます。
しかし、予防歯科の効果を高めるためには、患者様自身のセルフケアも大事になってきます。
いくら歯科医院で予防歯科を行っても、セルフケアの時間の方が長いため、セルフケアを怠ってしまうとむし歯や歯周病が再発してしまい、予防歯科の効果は表れません。
毎日正しいセルフケアを行い、定期的に予防歯科を行い、お口の健康を保っていきましょう。

  • 医院名 医療法人志清会
    清水歯科医院
    住所 〒575-0002
    大阪府四条畷市岡山2-1-70
    TEL 0120-37-8801
    アクセス JR学研都市線忍ヶ丘駅西口すぐ
    駐車場 専用駐車場1台
    (近隣のパーキング利用の場合は代金をお支払いします。)
  • 診療時間 日・祝
    10:00~13:00 /
    15:00~20:00 / /

    ※木曜日は訪問歯科のみ

    【休診日】日曜祝日、土曜午後