むし歯治療

  • HOME
  • むし歯治療

できる限り「」「」「」むし歯治療

できる限り「痛みを抑えた」むし歯治療

できる限り「痛みを抑えた」むし歯治療

歯医者に通って一番嫌なもの、それは「痛み」だと思います。
当院では、できる限り痛みを抑えたむし歯治療にこだわってきました。
「清水歯科医院の治療は痛くない」
そう仰っていただくことは歯科医師としてとても嬉しく思います。
最近では歯科医療も進歩し、できる限り痛みを抑えた治療が可能になっています。

  • 当院ならではの痛みを抑えた歯科治療のテクニック
  • 最新の歯科医療機器

を用いた清水歯科医院の痛みを抑えたむし歯治療のご紹介をいたします。

表面麻酔

注射時の痛みを抑えるために、事前に注射する部分に麻酔液を塗ります。

超極細の注射針を使用

蚊に刺されても痛くないように、針が細ければ細いほど痛みは抑えられます。
超極細の針の注射をすることで痛みを抑えます。

麻酔薬の温度管理

注入される麻酔薬をなるべく体温と近い温度に温めて麻酔時の痛みを軽減します。

痛みを感じる部位まで針は入れない

骨膜まで針を入れると痛みを感じるので、粘膜の間にうまく針を入れるようにします。

痛みを感じやすい部位の場合、2回に分けて麻酔

さらに、痛みを感じやすい部位の場合は、1 回目を表面近く、2 回目を粘膜に入れることで
痛みを極力減らして麻酔することが可能となります。

できる限り「削らない」むし歯治療

できる限り「削らない」むし歯治療

歯は一度削ってしまえば元に戻ることは二度とありません。
そして、歯は治療すればするほど寿命が短くなります。
当院では、痛みをできる限り抑えた治療とともに、「可能な限り歯を削る量の少ない治療」にもこだわっております。

ペーストの硬い充填剤を使用

むし歯の治療は、むし歯の大きさによって、充填→詰め物→かぶせ物と治療方法も変わります。
このうち、充填が最も歯を削る量も少なくて歯の寿命を保つことにも繋がるため、当院ではペーストの硬い充填剤を選択し、できるだけ充填で済む症例の幅を広げるように工夫しています。
余談ですが、歯科医院としては充填よりも詰め物やかぶせ物のほうが売上は上がります。
(つまり充填で済んだほうが患者様としては治療費も少ないということです)

光学式むし歯測定器ダイアグノデントを使用

ダイアグノデントは、歯面にレーザー光を照射することで、むし歯を検出します。
歯科医師の経験による「かん」だけに頼らない診断で、必要以上に削ることを防ぎかつ、治療の必要のある部位を早めに発見することにより、患者様の歯をしっかり守らせていただきます。

「う蝕検知液」をこまめに使用

う蝕検知液とは、虫歯の部分のみを赤く染める薬剤です。
むし歯治療を行う上で一番大切なのは、虫歯に感染した部分をしっかり除去することですが、通常はむし歯の硬さを頼りに、軟らかくなった部分を削っていきます。
しかしこの方法では、感染部位を正確に除去することはできません。
このう蝕検知液を使うと、感染した部分のみが赤く染まりますので、どこまで虫歯を削ればよいか明確になり、歯を削る量を少なくすることができます。

拡大ルーペを用いた精密治療

歯を削る量を最小限に抑えるには、治療部分がしっかり見えなければなりません。
当院では「拡大ルーペ」を用いて、肉眼よりも数倍拡大された視野で精密でかつ最小限しか削らない治療を行っています。

できる限り「抜かない」治療

痛くない・削らないに加え、「抜かない」治療にもこだわりを持っております。

安易に神経を取らない治療

大きいむし歯でも水酸化カルシウム製剤(ウルトラブレンドプラス J)を入れてギリギリまで神経を温存します。
神経を取らざるをえない場合は、必ず患者様に丁寧に説明を行っています。

丁寧な根管治療(歯の根っこの治療)

神経を取った後の最後の砦となる治療が根管治療(歯の根っこ)の治療です。
この治療を疎かにしてしまうと、あっという間に悪化して再治療や抜歯となるため、歯を守るうえでは非常に大切な治療です。
残念ながら日本では根管治療の評価が低く設定されているため、欧米と比べて大きく遅れている分野ですが、当院では保険治療においても、NiTi(ニッケルチタン製)ファイルの使用、ラバーダム防湿の処置、ファイバーポストの使用など、可能な限り丁寧な根管治療にこだわっています。

  • 医院名 医療法人志清会
    清水歯科医院
    住所 〒575-0002
    大阪府四條畷市岡山2-1-70
    TEL 0120-37-8801
    アクセス JR学研都市線忍ヶ丘駅西口すぐ
    駐車場 専用駐車場1台
    (近隣のパーキング利用の場合は代金をお支払いします。)
  • 診療時間 日・祝
    10:00~13:00 /
    15:00~20:00 / /

    ※木曜日は訪問歯科のみ

    【休診日】日曜祝日、土曜午後